失敗しないホームページ作成の注文方法!

何のホームページなのかを明確に伝える

ホームページを外注する際には、希望通りのデザインで仕上がってくるかが心配な点かもしれません。その心配を無くすためにも、最初にイメージを伝える作業はとても大切です。できる事ならページのラフ等を手書きしてデザイナーに見てもらうと良いでしょう。ホームページ作成の詳しい事なんて分からないと不安に思うかもしれませんが、とりあえず考えている事を伝えるだけでも大きく変わります。技術的に難しい所はデザイナーがきちんと判断をしてくれるので心配ありません。また何に使うサイトなのか、どういった人に見て欲しいのかといった事を伝えるのも重要な作業です。ターゲットユーザーを絞る事で、デザイナーも明確なコンセプトを決められます。

理想の雰囲気を伝える

自分でホームページのラフを書いても上手くイメージが伝わらないといった場合には、既存のデザインをサンプルとして提出するのも良い方法です。既存のホームページはもちろんの事、何かのパッケージや絵画やチラシ等でも構いません。理想の色合いや画像の配置、全体の雰囲気を伝えるには分かりやすい方法なのです。自分でコラージュ等を作るのも良いでしょう。デザイナーはクライアントの理想を形にする事はできますが、相手の心を読める心理学者でもエスパーでもありません。「大体のイメージを伝えれば何とかしてくれるだろう」と丸投げせず、細部までこだわりを持ってイメージを伝える事が大切です。一緒にホームページを作っていくという心持ちで、取り組んでいきましょう。

ホームページ作成を初心者がするのにはテンプレートが豊富にあって、無料で使えるホームページ作成ツールがおすすめです。

© Copyright Create A Main Page. All Rights Reserved.